青汁の形状

青汁といえば当然皆様が思い浮かべるのは濃い緑色の液体かと思われます、そして確かに大抵の商品は水に溶かして液状の状態で飲むのが一般的です。しかし水に溶かす前の青汁には実はいくつか形状があるのをご存知ですか?また形状によって少しずつ栄養価や喉越しが違ってくるといいます。


青汁加工法の種類

青汁は会社や商品によってその形状、ないし加工法にいくつかの種類があります。例えば最も一般的なのはケール等の絞り汁を瞬間冷凍して配送するタイプで、こちらは鮮度が良くまた喉越しも滑らかなのが特徴ですが保管に結構なスペースがいる他、なまものになる為保管には気をつけなくてはなりません。またそのまま飲める商品もあれば濃縮還元しており水で薄めて飲むタイプもあり、後者なら必要なスペースが少なく済みますがやや食物繊維が失われがちです。また原材料にフリーズドライ加工を施し粉末状にしたいタイプもあります。こちらは栄養価と食物繊維が豊富で保管や携帯が楽ですが、やや粉っぽく喉越しが良くないという難点があります。


ゼリー状や錠剤タイプも

またどうしても青汁の味や癖が苦手という方には最近ではゼリーや錠剤タイプの商品も登場しているといいます。これらはもはや「汁」ではありませんが携帯や飲みやすさに特に優れており、サプリ感覚で青汁の持つ栄養素を採る事が可能です。

Comments are closed.