青汁の原材料に関する口コミ

青汁は一般的に緑葉野菜を加工した濃い緑の飲み物として知られていますが、実は全てが同じ野菜からできているわけではありません。尤も一昔前は青汁と言えば「ケール」を原材料とした飲み物の事を一般的に指していました、しかし昨今ケール以外に「大麦若葉」や「明日葉」を主原料とした青汁も市場に多く出回っています。外見こそ皆一様に濃い緑色をしていますが、含まれる成分や味は異なると言います。


ケールで出来た青汁の口コミ

ケールはアブラナ科の野菜でありキャベツの親戚にあたります。ケールは野菜の王様と言われる程豊富な栄養素を持ち、その内包栄養量は緑葉野菜の中でも一番だと言われています。その為青汁にも広く原材料として利用されてきました。大麦若葉や明日葉などを原材料とした商品が増えてきているものの栄養価だけで言えばやはりケールが一番です。ただ食物繊維が豊富な反面加工法によってはやや喉越しが悪く、またケール自体が非常に癖のある味をしている為、人によっては苦手な人も多いようです。


大麦若葉と明日葉

一方最近増えてきている大麦若葉や明日葉を原料とした青汁はケールと比べて癖が少なく非常に飲みやすいのが特徴だと言われています。やや含有栄養量はケールに劣りますが例えば大麦若葉ならSOD酵素といったアンチエイジングに効果的な独自の要素を含んでいるなど強みもあります。

Comments are closed.