まずい青汁は昔の事

緑葉野菜類を絞った青汁はいろいろな企業の開発努力により、ジュース状の飲み物だけでなく粉末にすることのも成功し、保存がしやすく手軽にどこでも衛生的な水が湯を得られる場所であるなら、簡単に飲むことが可能です。さらにだれでも抵抗なく飲めるように味をマイルドにし、すっきり感などを重視した工夫が凝らされるようになりました。いくら健康に良いと事が分かっていても、まずい味では継続して飲用する事はむずかしいので、牛乳で割って飲みやすくしたり、水だけに溶かしてさっぱりした味にするなど、自分の好みに合った飲み方を調整するのが青汁を続けるコツです。


<好みで選択>

味の好みから青汁を選ぶのも一つの方法であり、お腹の調整を狙いとしてすっきりしたもの、漢方薬などの少しクセのあるものは乳製品を混入させることでマイルドな味にするなど、製造者によってそれぞれ特徴があるので、使用目的や味で選ぶと継続的な飲用が可能になります。


<成分と効果を理解する>

健康維持に欠かせない成分を多く含んでいる青汁、その効果はだれもが認めるところですが、人によっては常用している薬や、人工透析を受けている人には制限されることもあるので、青汁成分やその効用については十分理解した上で飲用することが重要です。

青汁の原料・大麦若葉に期待できるのは?

青汁の原料として使われている大麦若葉は、大麦がまだ柔らかく若い時に収穫して使っています。麦踏みという言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、新芽を踏みつけてそこから大麦は大きな抵抗力を身につけて成長してゆきます、これによって高い栄養素も作られてゆくのです。大麦若葉が使われるようになる以前はケールが青汁の原料として用いられていましたが、独特のクセのある味のために「苦手」という人お多かったものです。大麦若葉は同じように栄養価が高いものでありながら、味にはクセがありません。それによって美味しく続けられる青汁を来る梱ことが出来たのです。


<大麦若葉のミネラル>

大麦若葉に含まれるミネラルには、鉄分、亜鉛、カルシウムなどがあります。通常の食事から必要なだけを取ることは困難ですので、青汁でカバーするとよいでしょう。


<大麦若葉の抗酸化作用>

SOD酵素が含まれていると言われています。これは食材から摂取することが非常に困難な栄養素です。しかし動脈硬化や高血圧症、糖尿病の予防や改善や、新陳代謝の促進などに働きますので、美容にも効果的とされています。


<大麦若葉のビタミン>

ビタミンB群が特に豊富で、また新陳代謝を促すビタミンCも多く含まれています。またベータカロテンも含まれていますので、免疫力アップも期待できます。

青汁を使った料理

青汁といえばコマーシャルで有名なように味はあまり良くないことでも有名です。子供も嫌がることが多いようで、さまざまなレシピで青汁を摂取しやすくしようと試みられています。青汁最大の欠点である味をごまかすために、料理に入れたりする研究がされています。


<青汁を使った料理>

料理に使う場合、定番では味噌汁に入れるといったものがあります。パスタソースに使ったり、ケーキに混ぜ込んだりといった方法も取られます。加熱しても栄養価に変化はほとんどないので、さまざまな方法がとられています。単体では美味しくないイメージが強くありますが、他の料理に入れると味を邪魔しない控えめな存在になります。色味が似ているよもぎや抹茶、バジルやほうれん草といったものの代わりに入れたメニューが多く存在します。スイーツとも相性がよく美味しく食べることができます。


<青汁ドリンク>

粉末タイプを他の飲み物と混ぜたドリンクもあります。バナナスムージーや豆乳、牛乳、ヨーグルトといったものが定番です。中にはカクテルまであります。単体では味の個性に強くても混ぜると大人しくなるので、そのままではちょっと苦手だという人はチャレンジしてみると気に入った飲み方が見つかるかもしれません。

青汁は工夫して飲もう

青汁って非常に苦くて、飲みにくい事が多いと思います。あるコマーシャルでは普通に飲んで「まずいもう1杯!」なんて言いますが、おかわりなんかできないぐらい苦いと言われています。それを飲みやすくするために、子どもにも簡単に飲めるようにちょっとした工夫をするといいでしょう。


<ハチミツなどを入れる>

飲みやすくする方法としては、ハチミツを入れるといいでしょう。ハチミツの甘さで飲みやすくなります。大きいスプーンにハチミツを入れて、青汁の中で混ぜるといいでしょう。

これで苦さもなくなり子どもにも飲める甘さとなるでしょう。

このほかにも砂糖を入れる人もいます。もちろんそれもありかもしれませんが青汁と砂糖はあまり合わない事が多いので味として「苦手」という人が多いと思いますので砂糖を入れるならハチミツの方がいいでしょう。


<牛乳を混ぜて飲む>

驚くかもしれませんが、青汁の粉末を牛乳に混ぜて飲むとおいしいですし飲みやすいです。コップ1杯の牛乳の中に粉末を入れます。これだけでいいのです。もしこれでもダメだなと思ったのであればハチミツを入れるといいでしょう。

ちょっとした工夫で青汁を飲みやすく、子どもにもやさしい味になるでしょう。

青汁はダイエットにも良いの?

青汁はダイエットに良いとよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?
実際、青汁にはダイエット効果がありますので、よく耳にしている噂は本当の事だと言えます。
便秘を解消してくれる作用もありますので、それがダイエットに繋がっているのかもしれませんが、代謝を良くしてくれる効果もありますので、ダイエットをする時には非常に良いとされているみたいです。
何だか不思議な感じがしますよね。


青汁で健康になろう

野菜嫌いの方や野菜不足の方にも青汁がお勧めなんです。
多くのお野菜が含まれていますので、健康に良いとされていますからぜひ摂取していただければと思います。
そのまま飲むのが苦手だという方は、何かに混ぜて摂取されるのが良いかと思いますよ。
お好きな飲み物に混ぜてみますとか、お料理の際に使ってみますとか色々工夫をされることをおすすめします。


いつ飲むのが良いの?

では、青汁はいつ飲むのが良いとされているのでしょうか?
これはばらつきがあるみたいですが、一番多かったのが朝起きて朝食と一緒に摂取するというものでした。
起きて栄養を吸収する時間だから朝が良いと言われているのかもしれません。
もう一つは、夜寝る前に摂取するのが良いというものでした。
こちらも理由は似ていて、寝ている間に吸収してくれるからだと言われているみたいですよ。
どちらを選ばれるのかは自由だと思いますよ。

青汁を使って健康レシピ

青汁というと、まずい、苦い、飲みにくいという悪いイメージがありませんか?現在、非常に飲みやすいものとなっており、抹茶風味のものも少なくありません。しかし、そのままだとどうしてもにおいが気になって飲めない、という人もいるかと思います。美味しく食べやすいレシピをご紹介します。


クリーミーに青汁グラタン

青汁の苦みや、くせをクリームでなめらかにしたものです。これなら小さな子どもも大好きなメニューですから、食事も進みますね。また多くのものが熱を加えても壊れないビタミンでできているものが多いと言われています。青汁入りホワイトソースの作り方は、作り方はバターと小麦粉、青汁を溶かしたミルクを弱火であたためたフライパンに同量ずつ加え、耐熱のヘラで焦げないようによく混ぜるだけです。


玉ねぎなど甘みの強い野菜を合わせよう

苦みがダメな人は玉ねぎやニンジンなど、料理に甘みを出してくれる野菜をたっぷりと使いましょう。玉ねぎは炒めるほど甘みが増します。また生クリームを少し混ぜることで、ソースにコクがでて滑らかになります。慣れてきたら、グラタンの具などもアレンジできるメニューです。またミルクと青汁を混ぜ、そこにパルメザンチーズなどを加えれば、簡単にパスタソースもできます。

青汁の形状

青汁といえば当然皆様が思い浮かべるのは濃い緑色の液体かと思われます、そして確かに大抵の商品は水に溶かして液状の状態で飲むのが一般的です。しかし水に溶かす前の青汁には実はいくつか形状があるのをご存知ですか?また形状によって少しずつ栄養価や喉越しが違ってくるといいます。


青汁加工法の種類

青汁は会社や商品によってその形状、ないし加工法にいくつかの種類があります。例えば最も一般的なのはケール等の絞り汁を瞬間冷凍して配送するタイプで、こちらは鮮度が良くまた喉越しも滑らかなのが特徴ですが保管に結構なスペースがいる他、なまものになる為保管には気をつけなくてはなりません。またそのまま飲める商品もあれば濃縮還元しており水で薄めて飲むタイプもあり、後者なら必要なスペースが少なく済みますがやや食物繊維が失われがちです。また原材料にフリーズドライ加工を施し粉末状にしたいタイプもあります。こちらは栄養価と食物繊維が豊富で保管や携帯が楽ですが、やや粉っぽく喉越しが良くないという難点があります。


ゼリー状や錠剤タイプも

またどうしても青汁の味や癖が苦手という方には最近ではゼリーや錠剤タイプの商品も登場しているといいます。これらはもはや「汁」ではありませんが携帯や飲みやすさに特に優れており、サプリ感覚で青汁の持つ栄養素を採る事が可能です。

青汁の原材料に関する口コミ

青汁は一般的に緑葉野菜を加工した濃い緑の飲み物として知られていますが、実は全てが同じ野菜からできているわけではありません。尤も一昔前は青汁と言えば「ケール」を原材料とした飲み物の事を一般的に指していました、しかし昨今ケール以外に「大麦若葉」や「明日葉」を主原料とした青汁も市場に多く出回っています。外見こそ皆一様に濃い緑色をしていますが、含まれる成分や味は異なると言います。


ケールで出来た青汁の口コミ

ケールはアブラナ科の野菜でありキャベツの親戚にあたります。ケールは野菜の王様と言われる程豊富な栄養素を持ち、その内包栄養量は緑葉野菜の中でも一番だと言われています。その為青汁にも広く原材料として利用されてきました。大麦若葉や明日葉などを原材料とした商品が増えてきているものの栄養価だけで言えばやはりケールが一番です。ただ食物繊維が豊富な反面加工法によってはやや喉越しが悪く、またケール自体が非常に癖のある味をしている為、人によっては苦手な人も多いようです。


大麦若葉と明日葉

一方最近増えてきている大麦若葉や明日葉を原料とした青汁はケールと比べて癖が少なく非常に飲みやすいのが特徴だと言われています。やや含有栄養量はケールに劣りますが例えば大麦若葉ならSOD酵素といったアンチエイジングに効果的な独自の要素を含んでいるなど強みもあります。

青汁の口コミ情報

青汁の口コミ情報を集めてみました。実際に愛飲している人からのご意見や、毎日飲み続けるアイディアなども是非活用してみてくださいね。


青汁の口コミ情報

我が家の主人はとにかくお肉大好きでお酒も大好き。毎晩の晩酌では酔っ払って足元が怪しくなるまで飲んでしまいます。しかもその間のおつまみはから揚げやサラミやビーフジャーキーなど、本当にとにかくお肉ばかり。野菜と言えるのは枝豆くらいのもの。しかもそれもマヨネーズと七味を和えたものにつけて食べるので、健康さの欠片もありませんでした。
しかし、ついに会社の健康診断でコレステロール値の数値が基準を超えてしまって、やっと「野菜も少しは食わないとダメかな」と思い始めてくれました。
そこで青汁の購入をしました。
野菜は摂るけど野菜で腹が膨れるのは嫌だという主人のワガママを考えた結果、コップ一杯で飲める青汁がベストだったのです。今では毎朝毎晩文句言わずに飲んでくれています。(Y・Sさん・40代・東京)


飲み方のアイディア

うちの場合は子供に飲ませたくて青汁を買いました。しかし「りんごとはちみつ入りで甘めです」と書かれていたものの、やはり子供には苦かったようで、青汁を作って、ジューサーでリンゴとはちみつを足して、何とか飲んでもらっています。上のお姉ちゃんは、自分で黒ゴマときなこを足して「和スイーツ風」とかにして飲んでいます。(R・Oさん・40代・大阪)

小さい子から大人の方までみんなで青汁を飲んでみよう!

青汁に対して苦手意識を抱いている方は多いかと思いますが、最近のものはそういったことが無いので比較的に飲みやすいかと思います。
小さなお子さんでも安心して飲めると言われていますので、大人の方でしたらあまり問題なく飲むことが出来るかと思いますので、みんなで一緒に健康になっちゃいましょう!
青汁は健康にいいとされているみたいですので、健康志向の方もそうでない方もぜひ試してみてはいかがでしょうか?


青汁は目の病気にも良い!

これはご存知の方が少ないかもしれませんが、青汁は目の病気にも非常に良いと言われています。
白内障や緑内障に良いとされていて、飲み続けると血液がきれいになって濁りがなくなり体液の状態が整い白内障に良いと言われ、青汁はアルカリ性なので緑内障の治療にも非常に良いそうです。


もちろん、免疫力も上げてくれる!

小さい子やお年を召した方になりますとどうしても免疫力が下がってきてしまい病気にかかりやすくなってしまいますよね。
そんな時にも青汁が良くケールが多くカルシウムがたくさん含まれていますので神経の働きを鎮静させる働きがあり免疫力をアップさせる作用があると言われているみたいですよ!
健康にも良くて免疫力も上げてくれるなんて、本当にすごい飲み物だと思いませんか?

青汁のランキングを参考にしよう!

皆さんは現在青汁を飲んでいらっしゃいますか?
飲みにくい、苦いと思っている方も多いかと思いますがそんな事は無く最近のは飲みやすくなり苦味をおさえているものが多いので安心して飲むことが出来ます。
とは言っても一体どこの青汁を飲んだらいいのか悩んでしまいますよね。
そこでランキングが非常に参考になります!


青汁の選び方は?

選び方は人によって違ってきますから、ご自分に合いそうなものが良いかと思います。
例えば、味で比較をしてみるとか何が配合されているのかで比較をしてみるとか。
比較する部分は人によって異なりますが、色々比べてみた上で選ぶのが良いですね。
家族のいらっしゃる方は話し合って決めてみますとか、野菜嫌いのお子さんの為に野菜をバランスよく配合している物を選びますとか、自由だと思います!


忘れてはいけない評判!

どうしても決められずに悩んでいる方がいらっしゃいましたら、その気になっている青汁の口コミや評判について調べてみるのが良いと思いますよ。
やはり実際に飲んだことのある方の声は貴重だと思いますし、自分の知らなかったことがわかるかと思いますのでチェックしてみるのもおすすめです。
ただ、あまり鵜呑みにはせずご自分の目で見極めることが重要です!